大阪市中央区の求人一覧

大阪市中央区はこんな所...

郡区町村編制法施行以来110年間続いた東区と南区の合区により、1989年(平成元年)2月13日に発足した。発足後も、中央区内にはかつての区名である「東」「南」を冠した税務署・警察署・普通郵便局が存在する(大阪中央郵便局は北区に所在)。

旧・東区内は谷町筋の東西で街の性格が変化し、東側に大坂城や難波宮跡と官公庁街、西側にオフィス街が広がる。ただし、旭区から編入された北東端の城見は、弁天島再開発によってオフィス街(大阪ビジネスパーク)となっている。旧・南区内は堺筋の東西で街の性格が変化し、東側に問屋街と寺町、西側に大阪ミナミの繁華街が広がる。

2010年(平成22年)に行われた国勢調査速報では、対前回比人口増加率が17.9%増となり政令指定都市の行政区の中ではトップとなった。これは東京都中央区の24.8%増と並び全国でも屈指の伸びである。伝統的な大阪の中心業務地区であるため、早くから居住に適さない環境となり、30年以上にわたってドーナツ化現象による人口減少が続いてきた中央区だが、バブル崩壊以降老朽化し取り壊されたオフィスビルの跡地などに居住用の大型マンションが建ち並ぶなどして再び夜間人口が上昇。特に谷町筋沿いでタワーマンションの建設が盛んに行われ、著しい人口増加となった。谷町筋以東でも上町台地の東斜面にあたる地域は、天王寺区にかけて文教地区の側面も併せ持っており、比較的閑静な住環境である。区の大部分が商業地であるため純粋な住宅地は限られており、マンションや団地などの集合住宅が大半を占め、低層住宅の戸建住宅やアパートなどは極めて少ない。道路は碁盤目状で、市内他地域と比べると整備が進んでいる。

なお1980年(昭和55年)頃と2010年(平成22年国勢調査)を比較すると、当時の東区と中央区の東側との比較では27,227人から37,469人に増加、当時の南区と中央区の南側との比較では36,380人→41,321人に増加している。現在も大阪に本社を置くロート製薬やハウス食品、更には大阪発祥の企業である野村証券とUSENは中央区が発祥地である。

コロナウイルス対応状況最新情報厚生労働省発表